PR

【エレキギター初心者向け】フェンダー・ストラトキャスターの魅力!(木材やご使用ミュージシャンを詳しく解説)

ストラトキャスター ギター
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

フェンダー社が1954年に発売したエレクトリックギター、ストラトキャスターは現在でも多くのミュージシャンに愛されています。その最大の特徴は、繊細で透明感のある高音域を持ち、明瞭な音色であることです。

しかしながら、軟らかいボディとネックの材質や、ノイズやハムを拾いやすいことが欠点として挙げられることもあります。それでも多くの音楽家がストラトキャスターを好んで使用しているため、その影響は大きく、多くの音楽シーンで活用されています。

また、その美しいデザインから多くのファンに愛され、数多くのモデルが発売されています。

ストラトキャスターには材質や形状、機能面でのバリエーションがあり、個性的な楽器を選ぶことができます。

さらに、最新テクノロジーを組み込んだモデルなども開発され、今後もストラトキャスターの技術革新や新しいモデルの登場が期待されます。

多くのミュージシャンがストラトキャスターを愛用する理由は、その繊細な音色や美しいデザインだけでなく、自分自身の音楽性や個性を表現することができるからです。

そのため、初心者からプロまで、幅広い層のミュージシャンにとって、ストラトキャスターは最高の楽器と言えます。

スポンサーリンク

最も安いFenderのストラトキャスター

現時点でFenderから発売されて、いる中で最もリーズナブルな価格で手に入れらるのがFender Player Stratocasterです。

オーソドックスな3シングルのストラト以外にも、HSSやHSHが選べるなど、ジャンルに応じたモデルを選べるなど、ラインナップも充実しています。

3シングルタイプの詳しい内容は下記記事からご確認ください。

ボディについて

ストラトキャスターのボディには、アルダー、オーシャン・ターコイズ、アッシュ、マホガニー、グアテマラン・マホガニー、リンデン、バスウッドなどの材質が使用されています。

また、ネックにはメイプル材やローズウッド材、イーボニー材が使用され、異なる素材の組み合わせによって、音色や演奏感が異なる特徴的なモデルが多数存在します。

アルダー材のボディは軽く、中域に力強さを持ち、クリスピーで鮮明なトーンが特徴です。

一方、アッシュ材は明るく、高域が伸びやかで、鮮やかなトーンを出すことができます。

また、ストラトキャスターは、ボディのカーブが手にフィットしやすく、ネックの形状も比較的細くて扱いやすくなっています。そのため、演奏性が高く、長時間の演奏でも疲れにくく、スムーズに演奏することができます。

レスポールとの比較

ストラトキャスターと同様に、レスポールもギターメーカーであるギブソン社から発売されたエレクトリックギターで、多くのミュージシャンに愛されています。

レスポールの最大の特徴は、豊かな低音とシャープな歯切れの良い高音が両立しており、重厚な音を出すことができる点です。また、ストラトキャスターと比較して、ボディが厚く重く作られており、音がヘヴィーで厚みのある印象を持っています。

個性的な楽器を選ぶことができる点では、ストラトキャスターレスポールにはそれぞれ特徴があります。

ストラトキャスターは多様な形状や仕様にバリエーションがあり、様々な音楽シーンに対応しやすい点が魅力です。

対してレスポールは、重厚感のあるデザインと音色が特徴で、ロックやブルースなどのジャンルに向いているとされています。

また、ストラトキャスターに比べるとレスポールは、高級感があることも特徴の一つです。

しかし、価格によってはストラトキャスターと同等かそれ以上の価格のモデルもあるため、自分の音楽性や演奏スタイルに合った楽器を選ぶことが大切です。

ストラトキャスター 使用ギタリスト

ここからはストラトキャスターを使うミュージシャンをご紹介。

ストラトキャスター・海外ギタリスト

Red Hot Chili Peppers ジョン・フルシアンテ

神様、現代3代ギタリストの一人、ジョン・フルシアンテ。レッチリのギターリストです。最近かえってきました。自分は前のジョシュも好きだったので仲良くやってほしいなーと思ってます。

John Mayer(ジョン・メイヤー)

ジョンメイヤーも現代3代ギタリストの一人。テイラースウィフトの元カレ。

ストラトキャスター・日本人ギタリスト

東京スカパラダイスオーケストラ 加藤隆志

スカパラの加藤さん。シグネーチャーが欲しすぎる。

UNISON SQUARE GARDEN 斎藤宏介

アトリエZ高すぎて変えない問題。素晴らしいギターボーカル。

キュウソネコカミ ヤマザキセイヤ

最近ギターをよく変えてたけど、ヴァンザントで落ち着いた印象。

Alexandros 川上洋平

オアシスのステッカーを貼ったストラト使い。

LUNA SEA 河村隆一

フェンダー62’のハードテール、スクラブネックのストラトを使用しています。

黒めのハカランダ指板。

めちゃくちゃカッコいいギターです。

河村隆一オフィシャルブログ

https://ameblo.jp/ryuichikawamura-official/entry-12800895713.html

まとめ

ストラトキャスターレスポールは、それぞれ独自な魅力があり、どちらが優れているということはないと言えます。

自分の音楽性や演奏スタイルに合わせて選ぶことが大切であり、両方を試してみて、自分に合った楽器を選ぶと良いでしょう。

また日本人に関しては下記で詳しく記載してますので、そちらをご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました