PR

【レビュー】Epiphone Les Paul Standardを買った!評判や音質、価格、実体験を含めて詳しくご紹介!

5.0
【レビュー】Epiphone Les Paul Standardを買った!評判や音質、価格、実体験を含めて詳しくご紹介! ギター
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

レスポールって最近はあんまり人気ないですし、最近はシティーポップやら売れ線の音楽はやたらシングルコイル系のサウンドが多いですよね。

自分もストラトキャスターが大好きで、バリエーション操作性も音色も最高と思ってました。

ですが、Gibsonのレスポールを見たり、以前からEpiphoneのレスポールで良いのないかなーとは思っており、偶然立ち寄ったリサイクルショップで好みの物を見つけたので買ってしまいました。

今回はそんな衝動買いした『Epiphone Les Paul Standard』をレビューしていきます。

(多分、Epiphone Les Paul Standard 60sです。)

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
スポンサーリンク

Epiphone Les Paul Standardを購入した経緯

Epiphone Les Paul Standard
中古で3万円以下‥

今回購入した『Epiphone Les Paul Standard』中古でやたら安く売られてました。

長期間放置されていて売りに出された様な佇まいでしたが、フレットも殆ど減っていなかったので、試奏もせず購入してしまいました。

以前にレスポールタイプは何本か持ってましたが、あまり気にいる物がなかったり、結構派手目な見た目の物がレスポールの安いものって多いですよね。

自分はレスポールにしても、ストラトにしても地味な色だったり、派手ではない見た目が好きなので、プレーンの杢目のレスポールはツボでした。

Epiphone Les Paul Standardと付属品
付属品もちゃんとあり、よい買い物でした!

プライスカードには付属品の記載はありませんでしたが、専用のソフトケースと前のオーナーが使っていたであろうLEVY’S ( レヴィース )のストラップまで付いてました。

Levy'sLeathers
¥4,850 (2024/03/20 14:05時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Epiphone Les Paul Standardのスペック・仕様

Epiphone Les Paul Standard

見ての判断になりますが、分かっているこのEpiphone Les Paul Standardのスペック・仕様を記載します。

  • Body Styles:Les Paul
  • Body Shape:Les Paul
  • Body Material:Mahogany
  • Top:Plane
  • Binding:Cream
  • Body Finish:Gloss
  • Fret Count:22
  • Frets:Medium Jumbo
  • Nut Material:Graph Tech NuBone
  • Inlays:Trapezoid
  • Joint:Glued in; Set Neck
  • Finish:Nickel
  • Bridge:Epiphone LockTone Tune-O-Matic
  • Tailpiece:Epiphone LockTone Stop Bar
  • Tuning Machines:Grover
  • Pickguard:1-Ply; Cream PVC
  • Control Knobs:Gold Top Hat
  • Pickup Covers:Nickel
  • Neck Pickup:Epiphone
  • Bridge Pickup:Epiphone
  • Controls:2 Volume, 2 Tone
  • Pickup Selector:3-way Epiphone toggle
  • Output Jack:1/4″

次は上から、この『Epiphone Les Paul Standard』を見ていきます。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ヘッド形状はアレ、ペグはGrover

Epiphone Les Paul Standard ヘッド 表

ヘッド形状は忌み嫌われる形をしています。確かにGibsonの形のほうがカッコいいかも知れませんが、よく見ないと分からない方も多いと思います。

ゼマイティスもこんな感じですし、PRSとかもざっくり見るとこんな感じな気もしなくはないです。

最近では、Gibsonと同じ形のEpiphoneヘッドもリリースされ始めてますが、このヘッド形状は物議を醸してますね。

僕はそんなに気になりません。

(むしろネタ的にもいいし、男性的で良いと思います。)

スポンサーリンク

Grover ロトマチックペグ

Epiphone Les Paul Standard ヘッド 裏 Groverのロトマチックペグ
シリアルは一応隠しておきました。

ペグはGroverのロトマチックペグです。

なお現在は、Epiphoneのレスポールはマイナーチェンジが行われており、現行のグローバー製ペグ搭載モデルと仕様変更が行われたウィルキンソン製ペグ搭載モデルが存在します。

Grover ロトマチックペグ Epiphone レスポール
『Grover』のロゴがカッコいい

恐らくコストダウンなので、Groverなのは誇れるポイントになってくるかもしれません。

安すぎるレスポールのコピーモデルだと残念なペグだったりするので、後々評価は上がるかもしれません。

そして、ペグもですが、結構金属パーツはくすんでます。

でも自分はこれくらいの感じが好きなので、磨かずそのままに。(めんどくさいので‥)

精度はそれなりに良く、全然使えます。

僕はGOTOH信者なので、GOTOHのほうが好きですがGroverは最近人気のPACIFICAの高いモデルにも付いているので、悪いわけはないですよね。

ナットはグラフテック?

そしてナットは恐らくグラフテックっぽいですが、転がして見るとプラスチック的な音がしました。

Epiphone Les Paul Standard ナット 取れた
弦を外したら取れた‥

そう、買ってその日に取れましたw

接着剤の後はあるので、恐らく経年劣化でしょう。

Epiphone Les Paul Standard ナット 傾き 減り

あとこれも劣化だと思いますが、かなり1弦側が低かったです。

浮いてる様にも見えますが、底には設置していたのでこの辺はビミョーな点でしたが、PRS SEよりは良いと思います。

ビビりも感じたので、自分は即牛骨ナットに変更しました。

マホガニーネックに指板はローズウッド、フレットはミディアムジャンボ

Epiphone Les Paul Standard ネック

ネックはマホガニーで杢目が綺麗です。

塗りつぶしではないので、杢目が見えて良いですよね。

ストラトキャスターと違い、倒したりしたら、ボキッと逝ってしまいそうな感じはありますが、メイプルとは違う良さがありますね。

Epiphone Les Paul Standard セットネック

ストラトなどのフェンダー系と違いちゃんとしたセットネックになっています。

マホガニーボディにセットネックというだけでも、フェンダー系とはかなり音が変わる気がします。

実際、SSHのストラトキャスターと、このEpiphoneのレスポールだとピックアップの特性を除いても、明らかにレスポールらしい音になってると思います。

スポンサーリンク

指板・フレット

Epiphone Les Paul Standard インレイ 指板 フレット
ここまで弦高を下げてもビビりなし。

指板はフラットでフレットはミディアムジャンボフレットなので、弾きやすいです。

少なくはなってますが、ストラトキャスターのビンテージフレットでRがキツいものよりだいぶ弾きやすいです。

また調整するとFenderの9.5Rの指板より、弦高も落としやすい気がします。

Epiphone Les Paul Standard インレイ 指板 フレット

インレイやフレットエッジの処理は価格なりですが、全然良いですよね。

また指板は導管的にローズウッドだと思います。

最近は安めのギターだとローレル指板でパサついてしまっているものなど見かけますが、このエピフォンは色はもーちょっと黒いほうが好みですが、触り心地も悪くないので全然良いです。

スポンサーリンク

ボディ周りも良い感じ

Epiphone Les Paul Standard
ストラップピンはすぐに変えてしまいました。

ボディトップはプレーンタイプです。

冒頭で記載した助六やBurnyはキルトメイプルっぽいものが貼られています。

冒頭で記載しましたが、自分はこれくらい地味な杢目のほうがドヤ感なくて好きです。

Epiphone Les Paul Standard ピックアップ

ピックアップは周りは後ほど記載します。

(後で外してしっかり確認したいと思います。)

ブリッジ周りを見ていきます。

いきなり裏面ですが、Epiphoneのロゴの入ったものになってます。

Epiphone Les Paul Standard TUNE-O-MATICとテールピースの裏側
TUNE-O-MATICとテールピースの裏側

重量もそれなりにあり、特に不満も感じませんでした。

Epiphone Les Paul Standard TUNE-O-MATICとテールピース

Gibsonの物や高い物に変更したらどの様に音に影響があるのか気になりますが、今のところはこれで満足しているので、良しとします。

(ミリ・インチ規格の違いなどはあると思うので、今後他のパーツを含めて吟味したいと思います。)

Epiphone Les Paul Standard 3way スイッチ周り

3wayトグルスイッチ周りはこのような感じです。

スイッチプレートは黒文字になってます、これは金色にしたい。

スイッチ自体はちょっと安っぽい切り替え感で、ガチャガチャいいます。

マンガとかで切り替えているうちにボキッって折れるレバーみたいなガチャガチャ感…

あと、購入時は切り替えると音が出ない不具合がありましたが、接点復活剤を吹き掛けてガチャガチャしたら治りました。

Epiphone Les Paul Standard 裏面
バックパネルはクリームっぽい色です。

一応、裏面からスイッチを確認してみます。

バックパネルを外しました。

Epiphone Les Paul Standard トグルスイッチ裏面

炭素系の導電塗料が塗られているようで、少し黒くなってます。

Epiphone Les Paul Standard 3way スイッチ周り 裏面

取り外さないと中身はどの様になっているか、分かりにくいですか激安パーツの様な華奢な感じではなさそうです。

こちら側も接点復活剤をぶっかけておきました。

Epiphone Les Paul Standard コントロールポッド

裏面からボリューム、トーンポッドも見ていきます。

配線はそれなりですが、ハンダ付けは中国製とはいえ結構丁寧だとおもいます。

ALPHA(アルファ)の500kポッドが付いていました。

CTSとかでもないし、ヘソのあるものでもありませんが、こちらも悪いものではありません。

(現行はCTSになっている様です。)

激安ギターの極小ポッドより信頼性もあり、良い感じです。

トップハットノブ

ノブはトップハットノブになります。

こちらもチープさはあまりなく、良い感じです。

ただ自分は見た目はスピードノブが合いそうなので、後ほど変えたいポイントですね。

エピフォン コントロールノブとジャック

ジャック周りですが、プレートはプラスチックプレートが付いています。

気になった部分は部品交換でカバー(改造・交換)

下記は自分がEpiphoneを使っていて気になった部分を交換・改造したところをご紹介します。

ジャックプレートを金属に交換

Epiphone ジャックプレート 交換

本家のギブソンもプラスチックプレートが主流ですが、自分は強度と見た目が気になったので、金属パーツに交換しました。

気になる方、詳しく中を見たい方は上記の記事をご確認ください。

バックプレートを黒に交換

途中に見切れておりますが、バックプレートはクリームっぽい色から黒に変更しました。

個人的には黒のほうがカッコいい!

詳細は下記からご確認頂けます。

スポンサーリンク

クルーソンタイプのロックペグに交換

弦交換が面倒くさいのと、クルーソンペグっぽい見た目のほうが好きなので、Musiclilyのロックペグに交換してみました。

スポンサーリンク

Epiphone Les Paul Standardの評価・評判

こちらではネットの皆様のEpiphone Les Paul Standardに対する評価などを記載します。

ヤバTのこやまさんもデビューした頃はEpiphoneのレスポールを使ってましたよね。

自分は江ノ島エスカーのPVで喜多健さんがEpiphone使ってたのを見てから、Epiphoneのレスポールが気になって気になってしょうがなかったです。

林寸
林寸

実は黒のEpiphoneか、別のギターを買おうが悩んでます…

「ぼっち・ざ・ろっく!」コラボのEpiphone

Epiphone Inspired by Gibson Les Paul Custom BOCCHI EDITION(エピフォン・インスパイアド・バイ・ギブソン・レスポール・カスタム・ぼっちエディション)
引用:PR TIMES

以前、記事にしておりますが最近人気の「ぼっち・ざ・ろっく!」とコラボしたEpiphoneも出ています。

これはレスポールカスタムですが、黒と金のコントラストもカッコいいですよね。

(自分には全く似合わなそうなので、相当お買い得な物がない限りレスカスは買わなそうです…)

イケベ楽器楽天ショップ
¥110,000 (2023/11/04 10:35時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

Epiphone Les Paul Standard

いかがでしょうか。

自分はかなり安く買えたので、パーツ代だけでも元の取れてしまいそうなギターでした。

中国製ということもあったり、レスポールストラトキャスターなどに比べて重かったりするので、最近はEpiphone(エピフォン)はあまり人気が無いように思えますが、弾いてみると、とても良いギターでした。

自分は家で弾くことしかないので、これで充分かなーと思えました。

最近はOrville by GibsonもEpiphone JAPANもおまけにMaestro by Gibsonも高くなってしまってますよね…

Gibsonも欲しいけど、ラッカーの手入れも大変そうですし、ネックが折れたらショックもデカそうなので、このEpiphone(エピフォン)を大事に使って行こうと思います。

以上、【レビュー】Epiphone Les Paul Standardを買った!評判や音質、価格、実体験を含めて詳しくご紹介!でした!

Epiphone
¥72,800 (2024/04/15 03:30時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

コメント

タイトルとURLをコピーしました