PR

【エレキギターとベースの違い】エレキギター初心者向けにサクッと解説

ギターを始めたい!ギターとベースの違い ギター
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

エレキギターとベースは、どちらも弦楽器であり、構造的に見ると似ていますが、演奏方法や役割に大きな違いがあります。

それを知らずにどちらを購入してしまうと、お父さんからお小遣いを前借りしてギターを買ったつもりで練習しても、全然弾けず、あとからベースを買ってしまっていたなんてことになってしまうかもしれません。

以下は、エレキギターとベースの違いについて設定になります。

【送料無料】[枚数限定][限定版]ぼっち・ざ・ろっく! 4(完全生産限定版)/アニメーション[Blu-ray]【返品種別A】
スポンサーリンク

役割の違い

エレキギターは、主に旋律楽器として演奏されます。

リードギター、ソロギター、リズムギターなど、多彩な演奏スタイルを持っています。

一方で、ベースは、主にリズム楽器として演奏されます。

低音域の音色を担当し、リズムやグルーヴの土台となる役割を持ちます。

演奏方法の違い

エレキギターは、指板上で和音や単音を弾いて演奏します。

メロディアスな音色を作り出し、グルーヴを生み出します。

一方、ベースは、様々なリズムパターンを演奏し、低音域の音色を担当します。

ベースラインを作り出すことで、曲のリズム感やグルーヴを形成します。

楽器の特性の違い

エレキギターは、6弦、7弦、12弦など、複数の弦を持ち、高い音域から低い音域までカバーします。

短いスケールのものから長いものまで、様々なモデルが存在します。

また、ハムバッキング・ピックアップやシングル・コイル・ピックアップなど、様々なピックアップタイプがあり、特徴的な音色を生み出します。

一方で、ベースは、通常4弦または5弦を持ち、低音域の音色を強調します。

また、ハムバッキング・ピックアップやシングル・コイル・ピックアップなど、エレキギターとは異なるピックアップを使用することが多く、コシや立ち上がりの良い音色を生み出します。

まとめ

以上、エレキギターとベースの違いについて簡単に解説してみました。

どちらも音楽制作に欠かせない楽器であり、特徴的な音色を持っています。

皆さんはギターを弾きたいのにベースを購入してしまうことがないように気をつけてください。

現実では機材厨の先輩が買い取ってくれて、レスポールジュニアをくれるなんてことはありません。

それぞれの楽器の特性を理解し、うまく活用していきましょう。

【送料無料】[枚数限定][限定版]ぼっち・ざ・ろっく! 4(完全生産限定版)/アニメーション[Blu-ray]【返品種別A】

コメント

タイトルとURLをコピーしました